嫌な臭いの原因は何?ワキガの仕組みと対策を正しく理解しよう

ワキガは加齢によって発症すると思われがちですが、実は若い方でもワキガになる可能性があります。ここでは、ワキガになる仕組みと対策を正しく解説していきたいと思います。

・ワキガはどのような仕組みで発症するの?

アポクリン腺から分泌される汗が皮膚の表面上の常在菌により分解される際、ワキガ特有の臭いが発生するとされています。この分解された汗が皮脂と混じり合うと更に強烈な臭いへと変化し、改善するのが困難になるケースもあります。

アポクリン腺から分泌される汗は通常であれば無臭なので臭いの原因にはならないのですが、様々な要因により分泌される汗そのものが臭ってしまう場合もあります。

・ワキガの原因は具体的に何があるの?

アポクリン腺から分泌される汗の成分には、脂質やタンパク質といったものが含まれています。これらの成分を過剰に摂取してしまうと、常在菌が汗を分解する際に臭いが強くなってしまいます。

そのため、栄養バランスが偏っている方は自らワキガの原因を作り出していると言えます。ワキガの原因として、生れつきアポクリン腺の量が多いことも挙げられます。

アポクリン腺の量は主に遺伝によって決まることが多く、両親が二人共ワキガの場合は約80%、どちらか片方の場合は約50%の確率でアポクリン腺の量を引き継いでしまいます。

ただ、両親がワキガとは無関係でもアポクリン腺が多くなるケースもあるので、そういった場合は普段から意識して対策をする必要があります。

・ワキガを発症した場合の対策法とは?

まずはワキガになった原因を特定する必要があるのですが、自分でハッキリこれだと判明している場合はその原因を改善するよう努めましょう。原因が不明の場合は、普段の食生活や睡眠時間などの生活環境を見直してみましょう。

洋食中心の生活をしているとどうしても栄養が偏りがちになってしまうので、和食中心のメニューに切り替えて体内環境の改善から始めてみましょう。

また、臭いを作り出している常在菌の数を減らすこともワキガ対策として非常に重要なポイントとなります。具体的には、普段使用している石鹸やボディソープを肌に優しいものに変えてみたり、消臭スプレーの使用頻度を少なくするなどが挙げられます。

特に、消臭スプレーは元の臭いと混じりあって更に酷くなる場合があるので、消臭ではなく制汗スプレーに変えたほうが効果が高いです。

最近では、ワキガ専用の制汗クリームなども人気があります。
クリームやジェルなので、塗ることで肌に浸透して臭いを抑える力にも優れています。
気になる方はぜひコチラをご覧下さい⇒ わきが対策クリーム

以上がワキガの仕組みとその対策になりますが参考になりましたか?
ワキガになるとどうしても脇を意識しすぎて強く擦ってしまったり無駄に触ったりしてしまいますが、逆に臭いを悪化させる原因にもなるので十分に注意しましょう。