嫌な臭いの原因は何?ワキガの仕組みと対策を正しく理解しよう

ワキガは加齢によって発症すると思われがちですが、実は若い方でもワキガになる可能性があります。ここでは、ワキガになる仕組みと対策を正しく解説していきたいと思います。

・ワキガはどのような仕組みで発症するの?

アポクリン腺から分泌される汗が皮膚の表面上の常在菌により分解される際、ワキガ特有の臭いが発生するとされています。この分解された汗が皮脂と混じり合うと更に強烈な臭いへと変化し、改善するのが困難になるケースもあります。

アポクリン腺から分泌される汗は通常であれば無臭なので臭いの原因にはならないのですが、様々な要因により分泌される汗そのものが臭ってしまう場合もあります。

・ワキガの原因は具体的に何があるの?

アポクリン腺から分泌される汗の成分には、脂質やタンパク質といったものが含まれています。これらの成分を過剰に摂取してしまうと、常在菌が汗を分解する際に臭いが強くなってしまいます。

そのため、栄養バランスが偏っている方は自らワキガの原因を作り出していると言えます。ワキガの原因として、生れつきアポクリン腺の量が多いことも挙げられます。

アポクリン腺の量は主に遺伝によって決まることが多く、両親が二人共ワキガの場合は約80%、どちらか片方の場合は約50%の確率でアポクリン腺の量を引き継いでしまいます。

ただ、両親がワキガとは無関係でもアポクリン腺が多くなるケースもあるので、そういった場合は普段から意識して対策をする必要があります。

・ワキガを発症した場合の対策法とは?

まずはワキガになった原因を特定する必要があるのですが、自分でハッキリこれだと判明している場合はその原因を改善するよう努めましょう。原因が不明の場合は、普段の食生活や睡眠時間などの生活環境を見直してみましょう。

洋食中心の生活をしているとどうしても栄養が偏りがちになってしまうので、和食中心のメニューに切り替えて体内環境の改善から始めてみましょう。

また、臭いを作り出している常在菌の数を減らすこともワキガ対策として非常に重要なポイントとなります。具体的には、普段使用している石鹸やボディソープを肌に優しいものに変えてみたり、消臭スプレーの使用頻度を少なくするなどが挙げられます。

特に、消臭スプレーは元の臭いと混じりあって更に酷くなる場合があるので、消臭ではなく制汗スプレーに変えたほうが効果が高いです。

最近では、ワキガ専用の制汗クリームなども人気があります。
クリームやジェルなので、塗ることで肌に浸透して臭いを抑える力にも優れています。
気になる方はぜひコチラをご覧下さい⇒ わきが対策クリーム

以上がワキガの仕組みとその対策になりますが参考になりましたか?
ワキガになるとどうしても脇を意識しすぎて強く擦ってしまったり無駄に触ったりしてしまいますが、逆に臭いを悪化させる原因にもなるので十分に注意しましょう。

私のワキガ体験談

まず私が自分のことをワキガだと感じ始めたのは中学生の時です。
小学生まではワキの毛とか処理していなかったし毛も薄かったのでそれこそ臭いすらなかったのでワキガとは無縁の生活を送っていました。

しかし耳垢は小さいころから湿っていました。
中学校に入ってワキの毛をカミソリで処理し始めたころからワキの臭いを気にするようになりました。

最初はワキってこういう匂いなのかな、と思って気にしていませんでしたが、部活後にポリエステルの服を着て汗だくのまま家に帰ると母と妹にワキが匂うよ~と言われました。

その時母にあんたはワキガかもしれないから気をつけなさいね、と言われました。この時に初めて「ワキガ」という単語を知りました。そしてネットでワキガを調べると、確かに心当たりのある症状が多かったのです。

制服のワキ部分はいつも黄ばんでしまうし、耳垢は湿っているし、自分のワキからは確かに独特のにおいがする、、これは気を付けないといけないなと思い、この日からワキにリフレアを塗って生活するようになりました。

ワキガの人は自分の臭いに気が付かないといわれていますが、私はにおいに敏感なので自分の臭いにもすぐ気が付きます。朝に一度リフレアを塗っていたのですが、午後になると自分の臭いがしてくるし、夏の暑い日には2~3時間で臭うようになってしまいました。

ポリエステル製の服を着た日は自分の臭いが充満しないようにワキを閉じて生活していました。どうにかしてワキの臭いをなくしたいと思いワキガ手術も考えましたが、ネットで調べてみたところワキガの手術はワキガの原因となるアポクリン線を切るというものらしく、このアポクリン線は切っても再発したりまたほかの場所に移動して、ワキではない部分から臭ってしまうようになるという場合もあるらしくて結局手を出すことができませんでした。

どうにか1日中ワキガの臭いを抑えられる方法がないかと調べていたところ、アットコスメでデオナチュレのソフトストーンを多くの人が推していたので気になって使用してみました。そしたら私に合っていたらしく、朝塗ったらその日1日中臭わないんです!

値段も安いしなんで今まで使わなかったんだろうと後悔しました。そんなこんなで今はデオナチュレソフトストーンでワキガを抑えていますが、最近思うのはワキガを気付かない人になんて言えばいいのかということです。

あの臭いって頭痛くさせるし、本当にきついのですが気付いてない人って驚くほど自分の臭いに気付いていないので全くケアしていない人が多く、相当臭いです。本人に直接言うのもかわいそうだし、なにかいい方法があればいいなと日々考えています。

気になるワキガをうがい薬で解消

これから夏に向かって気になるのがワキガでは無いでしょうか?
周りの友達などを見ると普通にノースリーブを着て電車などで吊革を持っている姿を見ると、羨ましくて仕方がないと言う方もいるはずです。

それは脇を見られるのをきにしなくて良いからいいと言うのではなく、ワキのニオイが気にならなくて羨ましいという方が多いのではないでしょうか?

ワキガを抑える方法として色々な商品が販売されています。お風呂に入った時にワキガを抑える石鹸やボディーソープなどもありますし、消臭剤や脇の汗を抑えるスプレーなども販売されています。そうすることによってワキガが軽減し、なおかつ長時間持つといわれています。

でもワキガに1度でも悩んだことがある人ならお分かりかと思うのですが、そういったものは一時的には確かに効果があったとしても、とてもではありませんが長続きしないと思いませんか?

特にデートや重要な会議または夕方に近付くにつれてだんだんと臭いが気になってくるものですし、一旦洋服に染みついてしまうと一生懸命その部分の汗を拭いてとしても、その服自体にそのワキガが染み込んでしまって嫌な思いをするということもありますよね。

またはデオドラント含んだ商品を使った場合でもそのにおいにワキガが勝ってしまって余計に悪臭を漂わしてしまうということもあるはずです。

ではどうすれば気になるワキガを簡単に解消できるというのでしょうか?
それはお風呂に入った時にもしくは寝る前に脇にうがい薬をぬるのです。

それこそ1,2滴を指先に付けてそれを脇に擦りつけるぐらいでオッケーです。なんとそれだけで脇の中に薬が染み込んでいくのです。

ワキガがなぜ起こるのかというと、ばい菌が脇に繁殖しそれが悪臭の元となっているのです。うがい薬は殺菌作用がありますので、そのばい菌をすべて殺してしまうことにより、ワキガの臭いを根本的からシャットアウトしてしまうのです。

仮に汗をかいたとしても充分オッケーですし、もし気になるようでしたら夕方にでももう一度うがい薬を1滴でもいいので脇につけてさえおけばもう十分です。

夕方のデートを楽しんだり、ディナーに行ったりすることもできるのです。今までどんなことをやっても効果が出なかったりワキガの手術を考えていたような人でもこういった方法をすれば、いとも簡単に解消できるかもしれません。あくまで個人差がありますし、私のオリジナル方法です。

難しい作業でもなんでもありません。だれでもすぐに取り組むことができますし、うがい薬なら簡単に手に入りますものね。

脇汗を3か月で改善させた私が試した3つの方法

高校生になってから気が付けば脇汗が出ているようになりました。
季節関係なく日中動いている時には必ずと言っていいほど大量の脇汗が出ていました。

それだけならまだ問題はないのですが、脇汗を感じてからしばらく経つと臭いがしてくるのです。自分でも分かる臭いなので、周りにいる人たちもきっと気付いているでしょう。

何とかしないといけないと思い、親に相談すると湯船に入りなさい・運動をしなさい・早寝早起きをしなさいと3つ言われました。運動をしなさいと言うのは理解できたのですが、湯船に入る事と早寝早起きをする事の意味が分かりませんでした。

親は脇汗に悩んでいるのを良い事に、自分がやらせたい事をやらせようとしているのではないかと思いました。ですが、親に忠実な私は言われたことをやるようにしました。

高校生になってからは湯船に入るのが面倒になっており、毎日シャワーだけで済ますようになっていました。気が付けばもう1年近く湯船に入っていませんでした。なので、中々湯船に入るという習慣が付けられなかった私は100円ショップでジップロックを買ってきて、湯船で携帯を触れるようにしました。それからは簡単に毎日湯船に入れるようになりました。

そして次は運動です。
これは元々運動部に所属していたので運動すること自体に抵抗はなく、毎日の電車通学を徒歩通学に変えました。それだけでは足りないかと思ったのですが、激しい運動などは自主的にやり辛い、続きにくいと思ったのでやめておきました。

そして一番の問題は早寝早起きです。
夜更かしが大好きで朝はとても弱い私はこれが一番苦戦するだろうなと思っていました。ですが、親から言わせれば健康的な体にするには規則正しい生活をする事が一番の近道という事でした。

私はその言葉を信じて、とにかく1か月は何とか早寝早起きを実践してみようと、毎日10時には布団に入り、6時には起きるようにしました。それから、親の言葉を信じて3か月間規則正しい生活を続けました。

「これで治らなかったら絶対文句言ってやる!」とその時は思っていました。ですが、脇汗の量がだんだんと目に見えて減っていくのです。今までは気が付けばシャツに脇汗がびっしりとついていたのですが、ほとんどなくなっていました。

「湯船に入る・運動をする・早寝早起きをする」この3つをたった3か月しただけで脇汗が改善されていったのです。脇汗の原因は人それぞれだと思うので、一概にこれが正しいとは言えませんが、この方法はとても効果的だと感じました。

私の場合は脇汗だけでなく体調もとても良くなり、元気になりました。脇汗に悩んでいる方にも一度この3つを3か月間だけで良いのでしっかりと試してもらいたいと思いました。

脇汗に悩む人は多いかもしれない

私は看護師の資格を持っています。脇汗に悩んでる人は結構多くいると思います。職場にも、夏になると匂う人が何人かいました。
私も汗の臭いが気になりました。制汗剤などふっていましたが、体力を使う仕事、汗はたらたら流れてきます。

そもそも脇汗の嫌な臭いは、汗の臭いではなく、アポクリン腺から出る汗が、皮膚の表面についた様々な物質により、嫌な臭いを発するのです。汗事態は無臭なのです。

だから、脇の下の皮膚がいつも綺麗だと、臭いも軽減されるのではないかと思います。
先ずはお風呂に入ることです。シャワーで体をよく流し、陰部と同じくらい脇も綺麗に洗います。

脇毛の処理もしておくと、雑菌もつきにくいかと思います。脱毛することも有りだと思いますが、お風呂入った時にカミソリで剃っても早いです。浴槽には健康の為にもつかって、出る前にはシャワーで流しています。

お風呂上がりには、必ず制汗剤をふっています。お出掛けする前は勿論、汗をかいた後やかきそうな時は必ず制汗剤を使うようにしています。

冬だからと安心してはいけません。冬は暖房効いてたり、沢山服を重ね着していると、じわっと汗が出てきているのがわかります。油断したら、大変な事になります。だから、一年中制汗剤は欠かせません。

ワキガの手術(アポクリン腺を取る手術)を一度見たこと有りますが、手術をしたからといっても傷が残るし、私の知る限りその一回だけです。効果があったのかどうかについては、はっきり言ってわかりません。

洋服も、毎日同じものを着てはいけません。必ず毎日着替えましょう。お風呂に入れなくても、着替えだけはしたほうが懸命です。綿が良いです。洋服など生地によっては臭いを悪化させる生地があると思います。汗を吸収しにくい生地は、臭いをこもらせてしまうからかもしれません。

後、臭いが気になる時は、タオルを水に濡らして脇の下を拭くだけでも、かなりましになると言うのをテレビで聞いて、臭いが気になる時はトイレに入ってペーパータオルで拭いていました。

いかに脇を清潔に保つかにより、臭いの結果も大きく変わってくると思います。制汗剤や香水など利用して、良い臭いがすると言われるようになりましょう。

食生活改善によるワキガ対策

ニオイ、特に体臭には敏感な世の中ですので、自分の体臭で周囲の方々にご迷惑をかけていないかと気にしているのは私だけではないと思います。本当かどうか、定かではありませんが、ワキガが原因で仕事を辞めさせられた何て話も聞きます。

どの程度の臭いを発していたらワキガ、腋臭症と認定されてしまうのか、自分の脇臭に関しては判断が難しいのですが、私の周りにも数人、ただ汗臭いといった範疇を超えた、ツーンとしたワキガ臭を放っている人がいます。

そういった人はかなりの確率で太っている傾向にあります。普段の食事でも、肉、ファーストフードなどを好んで食べ、質の良くない油を取っている感じがします。話を聞いていると、スナック菓子などの間食も多くとっているようです。

これは、ワキガと食生活に密接な関係があると言える証拠の一つであると思います。実際、食事で多くの肉(動物性タンパク、脂肪)を摂取する欧米人は、明らかに日本人よりも体臭がきついです。夏場に電車などで近くに外国の方がいると、むわっとする体臭を感じることがよくあります。

日本でも食生活が欧米化していると言われていますので、ワキガに悩む人は増えているでしょうし、体臭自体も濃くなっていく傾向にあると思います。それでも、まだまだ欧米人と比べると日本人の体臭は薄いと思いますので、ワキガの方は改善の努力をした方が良いと思います。日本人は繊細ですので、きつい臭いが苦手です。

ワキガ改善に一番手っ取り早いのは、やはり、食生活の見直しでしょう。食生活の欧米化とワキガとの関係性は疑いようがないと思います。それならば、せめて臭いを発しやすい夏場だけでも野菜や発酵食品、魚などを中心とした、本来の日本人らしい食生活をしてみてはどうでしょうか。

この食生活を続けて、ワキガの原因となる動物性タンパク質、脂肪の摂取が減れば、ワキガもだいぶ改善されるのではないかと思います。

おまけに、普段から肉やファーストフードを多くとっている人は体重など、健康面の改善にもなると思います。

私もこれからの季節を迎えるにあたって、摂取する食物に気を使いたいと思います。

ワキガの原因と対策とは?

日本人のワキガの割合は欧米と比較するとあまり高くありませんが、それでも食生活の欧米化によって若い世代でのワキガが増加傾向にあると言われています。

ワキガの原因としては様々なものが報告されていますが、最も多いのが家族性の遺伝によるものです。両親のどちらかがワキガであると遺伝確率は50パーセント以上にも上りますのでかなりの高確率でワキガが遺伝するという事がわかります。

ワキガ体質というのは生まれながらにしてアポクリン腺の数が多いという事を意味しています。このアポクリン腺から出される汗がワキガの元になる、臭いや衣服を黄色くしてしまう色素となるのです。

遺伝性のワキガ体質の場合は、強い作用のある医療用制汗剤などを処方してもらったりして対処しますが、それでも効果が見られない時には最後の手段としてアポクリン腺を手術によってすべて脇の皮膚から削り取るという方法になります。アポクリン腺さえなくなれば、ワキガの臭いに悩まされる事はほぼ無くなるでしょう。

他に考えられるワキガの原因ですが、一番考えられるのは食生活によるワキガの発生です。ワキガは肉類を中心とした脂っこいものが好きな人に多いと言われています。野菜を多く取りバランスの良い食生活を送っていればある程度ワキガの発症は防げると言っても過言ではありません。このタイプのワキガですと食生活の改善によってワキガも自然に解消してくるという、わりあい軽度のワキガが多いようです。

ワキガの原因は以上の2タイプに分類されますが、どちらのタイプだとしてもワキガの対策は同じです。どちらの場合でも、とにかく脇を常に清潔にすることが重要で、毎日の入浴時に脇をしっかり石鹸で洗うようにしましょう。皮膚についたデオドラントをすべて取り除かないと、毛穴や皮膚に残った制汗剤の成分が毛穴を詰まらせたりして逆に臭いの原因になってしまうので注意が必要です。

そしてシャツは通気の良いコットンの製品を使うこと、そして効果のある制汗剤をしっかり塗ること、汗をかいたらこまめにウエットティシュで拭いて清潔にすることです。以上のポイントを守っていれば重度のワキガでなければ、快適に過ごせるでしょう。